libvpx-1.5.0のインストール手順のメモです。

git clone https://chromium.googlesource.com/webm/libvpx

mkdir -p libvpx-build
cd libvpx-build
../libvpx/configure --target=x86_64-win64-gcc --disable-unit-tests --disable-examples --disable-docs --enable-runtime-cpu-detect --as=yasm --enable-multithread --enable-vp8 --enable-vp9 --enable-webm-io --enable-libyuv --enable-postproc --enable-vp9-postproc --disable-shared --enable-static --enable-multi-res-encoding --enable-vp9-temporal-denoising --enable-temporal-denoising --extra-cflags="-pipe -O"
make make install
 

32bit版はconfigureのtargetオプションを--target=x86-win32-gccにします。

32bit版では--extra-cflags="-pipe"にしています。

64bit版で--extra-cflags="-pipe -O"にしているのは、2016-03-27時点のlibvpxのソースではffmpegでクラッシュしたためです。

2016-03-30時点のソースではクラッシュしないようなので、64bit版も--extra-cflags="-pipe"に戻しました。

以上