2016-04-16時点のgit版バイナリです。ffmpegとffplay、ffprobeを同梱しています。
外部ライブラリx264はgit版の0.148.2692 64f4e24、x265はversion 1.9+140-34a3d35c5f97、libvpxはv1.5.0-727-gc59c5cb、fontconfigは2.11.95、Snappyは20160311-2b9152dです。
外部ライブラリgnutlsは3.4.11です。

ダウンロードは↓
32bit版
FFmpeg version N-79465-gf079232(x86)(7z) 13.2M

64bit版
FFmpeg version N-79465-gf079232(x64)(7z) 13.4M
  libavutil      55. 22.100 / 55. 22.100
libavcodec 57. 34.101 / 57. 34.101
libavformat 57. 34.100 / 57. 34.100
libavdevice 57. 0.101 / 57. 0.101
libavfilter 6. 42.100 / 6. 42.100
libavresample 3. 0. 0 / 3. 0. 0
libswscale 4. 1.100 / 4. 1.100
libswresample 2. 0.101 / 2. 0.101
libpostproc 54. 0.100 / 54. 0.100

2016-04-24追記
32bit版でlibxvidを利用するとffmpeg、ffplayがSEGVすることが判明しました。
なぜかMSYSの起動の仕方で、SEGVしないでエンコードできていたため、発見が遅れました。
コマンドプロンプトや、通常のBashシェルでログインして、試したところ、判明した次第です。
このSEGVは、4月5日のあるコミットの影響なのですが、最適化を行わない(-O0)とSEGVしないこともわかりました。そこでコンパイルオプションを調整して、動作確認をすることといたしました。
これ以降については、確認環境を変更しますので、大丈夫かと思います。
以上、お知らせでした。

ffmpeg.exe -buildconfの結果(64bit版)
configuration:
--arch=amd64
--enable-gpl
--enable-version3
--enable-avisynth
--enable-fontconfig
--enable-frei0r
--enable-gnutls
--enable-ladspa
--enable-libass
--enable-libbluray
--enable-libbs2b
--enable-libcaca
--enable-libcdio
--enable-libfreetype
--enable-libfribidi
--enable-libgme
--enable-libgsm
--enable-libilbc
--enable-libkvazaar
--enable-libmfx
--enable-libmodplug
--enable-libmp3lame
--enable-libopencore-amrnb
--enable-libopencore-amrwb
--enable-libopenh264
--enable-libopenjpeg
--enable-libopus
--enable-librtmp
--enable-libsnappy
--enable-libsoxr
--enable-libspeex
--enable-libtheora
--enable-libtwolame
--enable-libvo-amrwbenc
--enable-libvidstab
--enable-libvorbis
--enable-libvpx
--enable-libwavpack
--enable-libwebp
--enable-libx264
--enable-libx265
--enable-libxavs
--enable-libxvid
--enable-libzimg
--enable-opengl
--enable-avresample
--enable-w32threads
--disable-schannel
--pkg-config-flags=--static
--optflags='-O2 -finline-functions'